外国語を使う仕事で人気があるのといえば翻訳でしょう。機械で今ではかなり簡単に翻訳ができるようになっていますが、やはりどこかぎこちない感じがする訳になってしまうことが多くビジネスなのにおいてはそんなものを使うことはないです。ですから翻訳をする仕事というのは実はかなりまだ需要があります。日本はグローバルな国でもありますから基本的には様々な言語に需要があります。ですから、あえて英語以外の翻訳家を目指すというのもあるでしょう。英語に関して言えば需要も最も多いのですが行う人も多いので競争になってしまうことはとにかくの多いです。しかし、人気があるのも確かであり、英語関係の仕事に就きたいと言うのであればまずは翻訳をする人を目指すというのが定石になっていることは確かでしょう。目指し方としては普通に学ぶだけで良いです。しかし、翻訳に関する知識や技術を学ぶことができる学校にいくことはまず重要になることでしょう。